住居等の木造建築物の美しさをよみがえらせます

 木造の屋外建築物は、風雨や紫外線にさらされるうえ日頃のお手入れが大変なため、経年とともに改善するのが困難な汚れが蓄積してゆきます。
これらは水垢(みずあか)、苔(コケ)、黴(カビ)、排気ガス、日焼けなどによるものです。特に木造部は、腐食、日焼け、あくの浮き出しなどによる変色や劣化が顕著です。
木造建築物は、本来その美しさに特徴があります。ただその反面、ひとたび汚れがひどくなってしまうと、それがことさら陰気な雰囲気を漂わせてしまうという面もあります。

 

Ⅰ. 白木灰汁洗い(あく・しみ抜き)のご紹介 お問い合せ先

弊社は、木造建築物(神社仏閣、古家など)を対象とした白木の灰汁(あく)洗い、シミ抜きを手掛けております。ここでは実際の施工物件や作業風景をご紹介させていただきます。木造家屋などの汚れやシミなどを気にされている皆さまに、白木洗いでどの程度の改善が期待できるかの参考としていただければと思います。

  1.白木灰汁(あく)洗い・シミ抜き 作業工程のご紹介

 【白木洗浄前の状態)】    
1)あく洗い用特殊洗剤を塗布し、木のあくや砂埃などの汚れを浮かせます。
 【あく・汚れの洗浄】    
2)汚れを浮き上がらせたところで水で洗い流します。
 【シミ抜き・仕上げ】    
3)仕上げ剤を塗布し、木のシミを抜くとともに木肌を整えます。
 【白木洗い後の状態】    
4)乾燥をさせると白木本来の風合いが甦ります。 *写真(下)は元の状態

 

2.白木灰汁(あく)洗い・シミ抜き 施工事例のご紹介

 

【明治神宮 : 桃林荘・崋山亭】  東京都渋谷区
建宮敬仁(たけのみやゆきひと)親王の旧御殿。東京都選定歴史的建造物として定められている、明治時代初期の木造建築物。
 

建物の改修工事にあたり、木部に塗装されていた保護剤やあく汚れの洗浄、シミ抜き作業を行いました。歴史的建造物ゆえに古木の風合いを失わないような洗浄で仕上げました。作業箇所は天井、欄間、柱、軒天、建具など。


 

【藤野様邸】  埼玉県所沢市
昭和30年代半ばに建築された、築年数約50年の住居。
 
貸家として利用していた建物ですが、住人のお引越しを機会に白木部分を全面的に洗浄しました。 湿気のこもる屋内天井などは雨ジミや白カビが見られましたが、あく洗いの後にシミ抜きを行い新鮮な木肌に仕上げました。

作業箇所:天井、柱、建具、外装木部(軒天、破風、外壁など)

 
【外壁・タイル・各種石材】のページもご覧下さい≫スキップ
※住宅の外壁・タイル・外塀などの洗浄をご紹介しています。

 

3.白木洗い作業工程(シミ抜きを含む)のご紹介

木の洗浄と効果がどのようなものか、作業工程を追いながらご紹介します。

1) 古木(元の状態)

 

 

<あく洗い・汚れ洗浄工程>
 
特殊洗剤を塗布し、あく・汚れを浮き上がらせて洗浄します。

2) あく洗い・汚れ洗浄 後

   

<シミ抜き工程>

あく洗い・汚れ洗浄では落とせないシミを落とします。

3) シミ抜き 後  

 

< 日焼け・黴(カビ)の処理工程>

木の日焼けや染みついたカビを漂白洗浄します。

4) 日焼け・カビの処理 後  

 

<木肌の仕上げ工程>

必要に応じて保護剤や防汚剤にて木肌を整えて仕上げます。

5) 洗浄の各工程の効果をご確認ください。
  ↓元の汚れ  | ↓表面洗浄後  | ↓シミ取り後 | ↓日焼け・カビ落とし後

 

   ≫お問い合せ先

【外壁・タイル・各種石材】のページもご覧下さい≫スキップ
※住宅の外壁・タイル・外塀などの洗浄をご紹介しています。

 

 

大理石の磨き・シミ抜き、各種石材の洗浄、白木あく洗い等のご依頼については、首都圏(東京23区、千葉、埼玉、神奈川を中心とした地域)に出張いたします。

 

オーナーズアーム (C) All Rights Reserved.